wobakkai’s blog

漁師になりたい小学生の釣りブログです

若狭湾の海の自然学校に行って来た!

こんにちは、うをばっかいです。

今回はボクが若狭湾で「海の自然学校ー矢代湾で生きる」にさんかしたことについて話します。

この海のキャンプは、1週間を、ほぼ、無人浜ですごし、水道もふろもないというじょうきょうで、ごはんを作り、ねるという、まさに、自然にかかわることができるという、キャンプでした。

そしてこのキャンプの1番の楽しみなことは、無人浜で3時間ぐらい、スノーケリングや釣りをすることができるということです。

1日目はみんなでいろんなゲームをして、なかよくなりました。

2日目はシーカヤックの基本的なそうさほうほうを学んだり、スノーケリングをしました。

3日目は、シーカヤックとスノーケリングのれんしゅうをしましたが、ぼくはシーカヤックがたいへんでした。シーカヤックは、こぎかたなどはマスターしたので、海の中におちたとき、船をおこして、のりこむれんしゅうをしました。最初は、かんたんそうに思えたけど、じっさいやると、おこすのはかんたんだけど、のりこむのに、ライフジャケットがひkかかってうまくいきませんでした。けれど、水をおもいっきりけってあがると、うまくいきました。

スノーケリングはライフジャケットのふりょくになんとかたえきり、1メートルくらいまでもぐってサザエをみているうちに、カラのサザエの中にタコが入っていて、すごくかわいかったです。そしておきの岩ばに、キュウセン、アジ、メジナ、それに岩の下からマゴチがかおをだしていました。かおの大きさからみると、マゴチは60センチくらいだったので、びっくりしました。

 

f:id:wobakkai:20180901180906j:image

かんそう

海の生き物は、サザエの中にいたタコのように、いろんなくふうしてることをしっておもしろかったです。

海の自然学校は、8日もありました。

まだまだおもしろいことがたくさんあったので、続きもぜひよんでください。